統計情報(30日間)


最新情報をツイート

人気の投稿

iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発 > 第 2 回

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回目が公開されていた。今回は Azure ホステッドサービスの作成とデプロイで使う Cloud Ready Configuration Utility の解説など。




以下、引用。
前回の記事でもご紹介しました通り、Windows Azure Toolkit for iOS は、Mac 上で基本的にすべての作業ができることを目指して作られています。そのために、Visual Studio がなくても、Windows Azure 上にホステッド サービスの作成や、アプリケーションのデプロイを行うことができるようになっています。

※ただ実際には、WorkerRole の作成やその他のサービスの作成等、開発において多くの場面において、Visual Studio を必要とします。

それが、Cloud Ready Packages です。これは、Windows Azure にデプロイするためのパッケージ集で、Windows 7 も cspack コマンド もなしでデプロイが可能です。適切なパッケージをダウンロードし . cscfg ファイルを 更新すれば、Azure 管理ポータル にデプロイできるのです。

ホステッド サービスの作成に必要な構成ファイルの作成用に Xcode 4 用のプロジェクトファイルが用意されている。

記事で Azure ホステッドサービス作成方法についてかなり事細かに解説されている。Azure を使う場合はとても参考になると思う。

Leave a Reply