統計情報(30日間)


最新情報をツイート

人気の投稿

例外ブレークポイントにシンボリックブレークポイント、そしてCPUレジスタでセレクタ調査・他〜役立つデバッグ TIPS

このエントリーをはてなブックマークに追加

Xcode 4 でのデバッグ機能Tips。


例外ブレークポイントにシンボリックブレークポイントは知らなかった。クラッシュ時に CPUレジスタを表示することで実行中(だった)メソッドの手がかりを得る方法なども紹介されている(シミュレータなら "x/s $ecx"、実機なら "x/s $r1")。


関連情報

例外ブレークポイントの使い方。

Xcode 4 のユーザマニュアル。例外、シンボリック共に使い方はちゃんと書いてある。

シンボリック指定の例(引用)
  • A method name. For example, pathsMatchingExtensions:.
  • A method of a particular class. For example, [SKTLine drawHandlesInView], people::Person::name().
  • A function name. For example, _objc_msgForward.

CPUレジスタの格納情報

クラッシュ時にCPUのレジスタを見るとレシーバとセレクタの情報が取れる(下図は引用)。

Leave a Reply