統計情報(30日間)


最新情報をツイート

人気の投稿

アプリのスクリーンショットを自動生成するライブラリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

これは面白い。



アプリへ組み込んで撮影したい画面を表示するコードを追加すると自動的にスクリーンショットが撮れるツール。

デモビデオ。


組み込み自体は簡単で、プロジェクトへいくつかのファイルを追加しKSScreenshotManagerのサブクラスを作るだけ。
Adding this to your project
1. Include KSScreenshotManager in your project. Adding it as a submodule is probably the easiest way to do this. Be sure to check out the WaxSim submodule as well by running git submodule update --init

2. Add KSScreenshotManager.h, KSScreenshotManager.m, KSScreenshotAction.h, KSScreenshotAction.m to your project

3. Subclass KSScreenshotManager and override setupScreenshotActions

4. Customize make_screenshots.py and use it to generate your screenshots
More specifically, you'll probably need to change these variables: languages, devices, project_path, target_name, and app_name
付属のpythonスクリプトをカスタマイズすればlanguages, devices, project_path, target_name, and app_nameが設定できる。

githubではサンプルのアプリが付いていて、これを実行するとUITableViewが表示される。


しばらくすると回転してアプリが終了。スクリーンショットはアプリのDocumentsフォルダにできる。


ポートレイトとランドスケープのそれぞれスクリーンショット2枚が自動的に作成された。



肝となるKSScreenshotManagerのサブクラスはこんな感じ。
- (void)setupScreenshotActions
{
    //Two contrived screenshot actions
    //Scroll the table view to a different row and take a screenshot
    
    //Create a synchronous action
    //This means the screenshot will automatically be taken after running the actionBlock (after running the run loop to allow view to lay out)
    KSScreenshotAction *synchronousAction = [KSScreenshotAction actionWithName:@"tableView1" asynchronous:NO actionBlock:^{
        NSIndexPath *indexPath = [NSIndexPath indexPathForRow:2 inSection:0];
        
        [[[self tableViewController] tableView] scrollToRowAtIndexPath:indexPath atScrollPosition:UITableViewScrollPositionTop animated:NO];
    } cleanupBlock:^{
        [[[self tableViewController] tableView] setContentOffset:CGPointZero];
    }];
    
    [self addScreenshotAction:synchronousAction];
    :
スクリーンショット対象の画面を表示する為の処理を KSScreenshotAction のインスタンスとして定義して KSScreenshotManagerへ追加していく。サンプルでは UITableViewのインスタンスをアプリからもらい、KSScreenshotActionへ渡す blocks内でスクロール位置を制御している。KSScreenshotActionは非同期のタイミング(例えば数秒後)の定義も可能。サンプルでは画面を回転させた後のランドスケープ画面の撮影に使っている。

記事ではその他スクリーンショット画面を作る際のテクニックも紹介されている(任意の日付を表示させるなど)。

githubページ


多言語対応している場合など、多くのスクリーンショットを取らなければならない場合は重宝しそう。

Leave a Reply