統計情報(30日間)


最新情報をツイート

人気の投稿

Pathライクなスクロールインジゲータを表現するライブラリ - KNPathTableViewController

このエントリーをはてなブックマークに追加

スクロールに合わせて右側に吹き出しのようなものが表示される。

この吹き出しにはビューを貼りつけられるのでデモのように UILabelで文字情報を表示する他、画像やカスタム描画を実装することもできる。

利用コードはこんな感じ(デモコードより)
-(void)viewDidLoad {
  [super viewDidLoad];
  infoLabel = [[UILabel alloc] initWithFrame:CGRectMake(16, 4, 140, 20)];
  infoLabel.font = [UIFont boldSystemFontOfSize:12];
     :
  // [self.infoPanel addSubview:infoLabel] // this will not work, too early to add
}

-(void)infoPanelWillAppear:(UIScrollView *)scrollView {
  if (![infoLabel superview]) [self.infoPanel addSubview:infoLabel];
}

-(void)infoPanelDidScroll:(UIScrollView *)scrollView atPoint:(CGPoint)point {
  NSIndexPath * indexPath = [self.tableView indexPathForRowAtPoint:point];
  infoLabel.text = [NSString stringWithFormat:@"Something about %d", indexPath.row];
}
提供される KNPathTableViewController をサブクラス化して必要なメソッドをオーバーライドして使う。


Leave a Reply